尿失禁

尿失禁とは

自らの意志と関係なくおしっこが漏れてしまうことをいい、40歳以上の女性の4割以上が経験しています。症状・原因により、大きく以下の2種類に分類されます。

腹圧性尿失禁
尿道を支える骨盤底筋が弱くなったり傷んだりすることで尿道をうまく締められなくなり、咳や重い荷物を持った時などにおしっこが漏れてしまう状態です。出産経験のある女性に多くみられますが、肥満、加齢、女性ホルモンの低下なども関係しています。
切迫性尿失禁
おしっこに関する脳の指令がうまく伝わらず膀胱が勝手に収縮することで、急にトイレに行きたくなるが我慢できずに漏れてしまう状態です。過活動膀胱の症状としてみられることがあります。また、寒冷や冷水の使用などの刺激が誘因となることもあります。

当クリニックの治療方法

腹圧性尿失禁
骨盤底筋体操により弱った骨盤底筋を鍛えることで尿道を締めたりコントロールする力をつけ、尿漏れを防ぎます。また、尿道を締める働きがある薬を飲んでいただく場合もあります。体操や薬以外に、頻尿・尿失禁治療器(ウロマスター)を用いた治療も行っています。骨盤底筋や膀胱周囲の排尿筋に干渉低周波を当てて筋肉を刺激することで、尿失禁や頻尿の治療を行います。
切迫性尿失禁
過活動膀胱の治療方法をご参照ください。

△ページの先頭に戻る