免疫細胞療法のご案内

当院では、免疫細胞療法専門クリニックである医療法人社団滉志会 瀬田クリニックグループとの医療連係により、免疫細胞療法を実施しております。

免疫細胞療法とは

私たちの身体には、もともとがんやウイルスなど、病気の原因となる異物を排除しようとする免疫の力が備わっています。この免疫の働きは、血液中に存在するリンパ球などの免疫細胞によって担われていますが、がんやウイルスの力がこの免疫細胞の力を上回ってしまったとき、病気が発症します。

がん免疫細胞療法とは、免疫細胞を体外で活性化・増殖して再び体内に戻し、免疫力を大幅に強化することでがんを抑制しようとする治療法です。患者さん自身の細胞を使用するため、副作用が極めて少なく、抗がん剤や放射線治療などの他の治療の妨げとなることもありません。

免疫細胞療法とは

免疫細胞療法には培養する免疫細胞の違いにより下記の4種類があり、患者さんの症状に応じて最適な治療法を選択しています。

樹状細胞ワクチン療法(DCワクチン療法)

がんを攻撃するTリンパ球にがんの目印(がん抗原)を伝え、攻撃の指示を与える役割をもつ樹状細胞に、手術で摘出された患者さんご自身のがん組織などを取り込ませて体内に戻す治療法です。体内でがんを狙い撃ちできるTリンパ球(細胞傷害性Tリンパ球;CTL)の誘導が期待できます。

アルファ・ベータT細胞療法(αβT細胞療法)

血液からリンパ球を分離し、活性化・増殖させて体内に戻す治療法です。手術後の補助療法として、再発予防効果が示されています。

ガンマ・デルタT細胞療法(γδT細胞療法)

リンパ球の中でも数%しか存在しないγδT細胞を選択的に活性化・増殖します。がんの種類や病状によっては、アルファ・ベータT細胞療法よりも治療効果が期待できる新しい治療法です。

CTL療法(CTL療法)

がん性腹膜炎、胸膜炎などで採取されたがん細胞でリンパ球を刺激し、がんを狙い撃ちできるTリンパ球(細胞傷害性Tリンパ球;CTL)を増殖して体内に戻す治療法です。

治療の対象となる方

悪性腫瘍(がん)で、外来通院ができる方が対象となります。
ただし、以下の方は治療をお受けいただけません。

ご不明な点はお問い合わせください。

治療のながれ

1.ご予約・ご準備いただくもの

免疫細胞療法の受診は完全予約制となっております。あらかじめお電話にてご予約をお取りください。また、受診前に現在おかかりの先生にご相談のうえ、下記の資料を揃えていただきますようお願いいたします。

2.初診

免疫細胞療法のしくみ、治療効果、費用等についてご説明いたします。また、現在の症状やこれまでの治療経過についてよくお話を伺い、治療方針を決定していきます。

3.採血

免疫細胞の培養のための採血を行います。 お預かりした血液は細胞加工施設に運ばれ、免疫細胞を分離して約2週間かけて培養します。

4.治療(投与)

培養した免疫細胞を点滴または注射により投与します。 治療は1コース6回を基本方針としています。1コース終了後の治療継続に関しては、効果の確認を行い、ご相談のうえ決定します。

細胞培養について

当院でお預かりした血液は、瀬田クリニックグループ医療機関の細胞加工施設に運ばれ、専門技術者により培養・加工されます。培養途中で細菌などが混入することがないよう、徹底した品質検査を繰り返し行い、安全性を高めています。

また、がん患者さんにおいては抗がん剤などが細胞増殖に影響を与える場合もあります。当院と瀬田クリニックグループ医療機関では患者さんの診療情報を共有し、各々の患者さんに最適な治療を提供できる体制になっています。

細胞培養について

治療費について

免疫細胞治療は公的保険が適用されない自由診療のため、治療費はすべて自己負担となりますが、医療費控除や民間のがん保険の対象となる場合もございますので、ご相談ください。

【初診料】・・・・・・・・・・・・ 32,400円(税込)
【初診相談料】・・・・・・・・・・ 16,200円(税込)


【治療費】(いずれも税込)
6回の治療を基本コースとしていますが、治療の種類や治療回数は患者さんのご希望をふまえ、医師と話し合いながら進めていきます。

治療法 治療費
アルファ・ベータT細胞療法
(αβT細胞療法)
1回分 技術料 216,000円
管理料 54,000円
ガンマ・デルタT細胞療法
(γδT細胞療法)
1回分 技術料 270,000円
管理料 54,000円
アフェレーシス(成分採血)による
樹状細胞ワクチン療法(DCワクチン療法)
[注1]
・自己がん細胞感作樹状細胞ワクチン療法 [注2]
・ペプチド感作樹状細胞ワクチン療法   [注3]
・腫瘍内局注樹状細胞療法        [注7]
6〜12回分
[注4]
(初回一括払い)
技術料 972,000円
アフェレーシス
実施料
216,000円
1回分 管理料 54,000円
樹状細胞ワクチン療法(DCワクチン療法)
・自己がん細胞感作樹状細胞ワクチン療法 [注2]
・ペプチド感作樹状細胞ワクチン療法   [注5]
・腫瘍内局注樹状細胞療法        [注7]
1回分 技術料 162,000円
管理料 54,000円
NK細胞療法 1回分 技術料 324,000円
管理料 54,000円
CTL療法 [注6] 1回分 技術料 324,000円
管理料 54,000円

  • ※管理料には、免疫細胞治療を行うための諸費用【再診料、手技料(採血・点滴)、
    血液検査料(腫瘍マーカー・血算・生化学・感染症)、フィルムコピー料】等が含まれます。
  • ※特殊な検査を実施する場合は、別途費用がかかります。
  • ※料金は変更になる場合があります。予めご了承ください。また連携医療機関により、一部金額が異なります。
  • [注1]
  • ・セルローディングシステムによる処理を追加実施した場合は、別途324,000円を申し受けます。
  • [注2]
  • ・手術等で切除した腫瘍組織が入手可能な場合のみ受けていただくことができます。
    腫瘍ライセート作製費として、別途64,800円を申し受けます。
  • [注3]
  • ・ 抗原ペプチド合成費が別途必要となります。
    (1種類 54,000円、2種類 86,400円、3種類 108,000円、4種類 129,600円)
  • [注4]
  • ・アフェレーシス(成分採血)で得られた細胞の数によって治療回数が決まります。(6回以上、12回以下)
  • [注5]
  • ・抗原ペプチド合成費が別途必要となります。
    (1種類 9,180円、2種類 14,580円、3種類 18,900円、4種類 21,600円)
  • [注6]
  • ・腹水、胸水等が入手可能な場合のみ受けていただくことができます。

※この他、治療内容により別途検査料金等がかかる場合があります。
詳しくはお問い合わせください。


免疫細胞療法の詳細な説明や治療効果などにつきましては、
瀬田クリニックグループのウェブサイトも合わせてご覧ください。

△ページの先頭に戻る