がん免疫細胞療法の診療時間

 
午後診 14:00〜16:30
(完全予約制)

休診日:月曜・木曜・土曜・日曜・祝祭日

がん免疫細胞療法とは?

がん免疫細胞療法とは、患者さん自身の免疫細胞を専門施設で培養することで増殖・活性化させて、再び患者さんの体に戻すという治療法です。

一言で免疫細胞と言っても実は多くの種類があり、体の中では様々な特徴を持った免疫細胞が密接に連携しながらがん細胞を排除するよう働いています。そのためがん免疫療法を行う際には、患者さん一人ひとりの状態に合わせてどのような免疫細胞を用いた治療法を選択するかが重要になります。

一方、がん免疫細胞療法は、重篤な副作用がなく患者さんのQOL(Quality of life:生活の質)を高く保った状態で治療を行えるため、抗癌化学療法や放射線療法などの標準治療との併用が可能です。

当クリニックでは、私自身が非常勤医師として勤務している瀬田クリニックグループ(がん免疫細胞療法専門クリニック)と連携し、患者さんに最適と考えられる治療法のご提案をさせて頂き、患者さんやご家族の方々と十分にコミュニケーションをとりながら治療を行います。

【がん免疫細胞療法に関する詳細】はこちら>>

治療対象

当院では、泌尿器科がん(前立腺がん、腎がん、膀胱がん、尿管がんなど)だけでなく、
ほぼ全てのがんに対する治療を行っております。

対象とする がんの一例

胃がん、食道がん、大腸がん、肺がん、肝臓がん、すい臓がん、胆嚢がん、
乳がん、子宮がん、卵巣がん、前立腺がん、咽頭がん、悪性黒色腫など

受診方法(完全予約制)

がん免疫細胞療法は完全予約制です。

まずはお気軽にお電話にてご相談下さい。